独立のために資格を取得されるケースは2パターンあります。

  • 経営の基礎知識を習得するために資格を取得されるケース
  • 資格を取得し、その資格で起業するケース
  • 経営の基礎知識を習得するために資格を取得される方

    経営をしていく上で、多様な知識が必要となります。経営/会計/労務などの知識を習得するために取得します。

    このような基礎知識を習得される方が陥りがちな事としては、基礎知識の習得に励み、なかなか起業に至らないケースがあります。目的は起業することだと思います。基礎知識の習得は大切なことですが、くれぐれも基礎知識の習得が目的とならないように、もう一度考えてからチャレンジしてください。

    日商簿記検定2級/3級

    経理は会社運営をするにあたって必須の業務です。決算書が読めない経営者にならないために、習得することをお勧めします。

    中小企業診断士

    企業の経営状態の調査や分析の知識を習得することができます。経営に密接した国家資格といえます。

    TOEIC/TOEFL

    大きな会社は、どこもグローバル化を進めています。中小企業も徐々にグローバル化の波が押し寄せています。世界の共通言語である英語を習得することは、よりビジネスの幅を広げる手段にもなります。

    マイクロソフトオフィススペシャリスト

    パソコンは現代のビジネスにおいて、必須になってきています。特にWord、Excel、PowerPointは、ビジネスを行う上で大切です。この資格を勉強することにより、パソコンの知識を習得することができます。

    資格を取得し、その独占業務で起業する方

    資格を取得しないと、独立できないような事業で起業を考えているために取得します。
    資格を取得しないと起業できない分野での独立は、資格の取得を前提としているため、一般的に参入障壁が高いです。

    ただし、資格を取得したからといって、一生安泰というものはありません。
    資格を取得してからは、資格を取得したもの同士での争いがあります。どのような資格で独立しても、営業をしないと顧客は獲得することができません。
    決して資格を取得したからといって、平坦な道が待っているわけではありませんので、ご留意ください。

    FP(ファイナンシャルプランナー)

    家計や資産に応じた貯蓄等のプランの立案や相談業務ができます。家計の貯蓄プランは、従来以上に必要となりました。FPを習得して、お客様が一生涯お金の心配をせずに、過ごせるようにサポートしてあげましょう。

    宅地建物取引士

    宅地や建物の売買、交換または賃貸借の契約が成立するまでの間に、取引相手に対して重要事項説明書の交付と説明を行うことができます。不動産は、人生における一番高い買い物だと言われています。このような買い物の手助けをすることができるのは、一種の喜びではないでしょうか。

    税理士

    税務に関する専門家として、各種税金の申告・申請、税務書類の作成、税務相談、税に関する不服審査手続き等を行うことができます。税金は、日本の財源となり、日本の運営には必要不可欠です。

    ネイリスト技能検定試験

    ネイリストを目指す方には、必須の資格となります。ネイリストは、小資金でご自宅でも開業ができます。そのため、起業しやすい業務の1つです。

    ストラーダグループがお客様にご提供させて頂くサービス

    会社設立について

    お客様の希望する会社設立に関して、弊社専属の専門家によるヒアリングを行わせて頂き、お客様1人1人に合ったオーダーメイドの組織を設立させて頂きます。
    初回のご相談は無料です。その後弊社のサービスを受けて会社設立される場合、お客様がご自身で会社設立する場合と同じ価格で会社設立が可能となります。